FC2ブログ
さくちゃんの北海道幸せな日々
北海道でガイドをしているらーめん大好き、さくちゃんの日々の出来事をつづったブログです
スポンサーサイト    /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
水戸の庭園「偕楽園」    /2009年02月13日(金)
北海道・道東は相変わらず生温かく、今時期に雨やみぞれが降る冬らしくない天気が続いている。屈斜路湖も全面結氷しそうにないです。残念!
てな事で、先日帰郷した時にちょいと足を延ばして行って来た「偕楽園」を紹介してみる。
IMGP0649s.jpg
水戸には、ツアーにお客さんで参加してくれた方で仲良くなった人が住んでいるので、久しぶりの再会でも合ったのだ。

≫続きを読む...
スポンサーサイト
益子焼に挑戦!で、すばらしいで賞を受賞!    /2007年02月15日(木)
北海道に戻ってもう1週間が経ってしまったんだねー。。。まだまだ片付けも途中です(^^;;で、更新できなかった、この数ヶ月間を一つのカテゴリーにしてupしようと思っています。途中被る事も出てくるかもしれませんが、それはそれ、描く方も気楽に書くので読む方々も気軽に読んでください。
今回は、その間に起きた出来事でも、今すぐにでもブログに書きたかったので、ここに発表する事にしました。
DSC03625s.jpg
じゃっじゃ~ん!!ははは(^^;;

≫続きを読む...
札幌桑園停車場緑道って知ってますか?    /2006年11月25日(土)
らーめん屋さんの「あらとん」を出た後、高架沿いに少し歩いてみた。普段見ない都会の片隅の景色。フィルムカメラで白黒で撮ったら面白そうだと思った。しばらく歩くとJR桑園駅前に出た。札幌までは一駅。なんだか勿体無くなって、もう少し歩いてみた。すると、高架沿いに今度は木々が見えてきた。緑道と書いてある。う~む!これは!と思いつつ札幌駅まで、ゆっくり散歩する事に決めた。
DSC03213ss.jpg
シラカンバの並木ですねー(^^)

≫続きを読む...
韓国へ第3日目最終日~帰国    /2006年02月02日(木)
AM6:30にホテルを出て、最初から宣言されていた空港近くのお土産物屋さんに連れていかれる。着くとなんだか椅子に座らされおばちゃんが説明しながらの早朝キムチ試食会が始まる(^^;;その他にも色々試食が出来て、気に入ったものを買ってくシステムだ。本当は市場などで買ったほうが美味しいし安いのだろうけどビギナーに取っては登竜門かな。韓国海苔は養殖(良く売っているやつ)と天然とでは味と風味が全然違ったので思わず買ってしまった。珍しかったのは唐辛子入りのチョコかな、あま~いチョコの後にじわじわ辛味が出てきます(^^;;後、韓国の伝統的なお菓子で「クルタレ」というのがあって蜂蜜と麦芽を混ぜたものにトウモトコシの粉を振り両手でわっかを作り倍々に増やしていき、最後には髪より細くして松の実、落花生、クルミ、きなこなどを包むお菓子の実演販売もやっていた。朝からテンションの高いおにいさんの早朝実演販売が面白かったので思わず買ってしまった(^-^)
DSC01962s.jpg DSC01961s.jpg
買い物も終わり無事空港まで送ってもらった、チェックインカウンターで手荷物を預け、窓際の席も取れ、現地係員のパクさんともお別れ。「タシー マンナヨー」(また会おうねー)と言い別れた。出国審査は入国に比べると楽だわね。僕らは免税店などは一切寄らず(^^;;まだ、食い物屋さんが気になる。しか~し、ここは空港。う~むと悩む。結局19番搭乗口まで行き買っておいたおにぎりと残りのプチ今川焼と焼栗を食べた。もちろんそれだけでは足らず、余計小腹が空いてしまったので、売店でタマゴサンドを買って食べた。これが中々素朴で美味しい。パンの耳も切ってあったり無かったり。僕はそんな素朴な韓国が本当に好きなんだな~と変なとこで思い搭乗時間になったので飛行機に乗った。
k019.jpg
座席は非常口の場所なのでスッチーと対面座りになります。フライト前に若いチャーミングなスッチーに「エマジェーンシー~アシスタント?」と言われ「OK-!!」と力強くうなづくと笑顔で答えてくれた。横を見ると彼女は相変わらずのアホ面で既に寝ていた(^^;;フライトの途中、そのチャーミングなスッチーは余程アホ面の...いやいや、やはりチャーミングな彼女が気に入ったらしく、何かと英語で話しかけてくる。最後には「プリティ」と言い子供にあげるおもちゃを持ってきて彼女に渡していた(^^;;彼女は複雑な表情をしたが、僕にはなんとも微笑ましい光景だった。
フライトは順調で無事に新千歳空港に到着。いやな事など一切無い、本当に「I LOVE KOREA!」な旅だった。お世話になった皆さんありがとう。ここまで楽しく過ごせたのも彼女と一緒だったからだと思う。心からありがとう~!!そして韓国よ、待っていてくれ、絶対また行くぞー!!

今回残念ながら食べれず、次回に持ち越した物。韓定食(宮廷料理)、チゲ鍋、お粥、冷麺、プルコギ、海鮮鍋、サンギョッサル(豚三枚肉)、デジカルビ(ブタカルビ)、タッカルビ(鶏)、屋台などなど切が無い!食べるだけであと何回韓国に行けば良いんだろう。(^^;;

気に入ったらクリックお願いします
a_02.gif
韓国へ第2日目(その4) チュムロッ(カルビ)横丁    /2006年02月01日(水)
地下鉄5号線の麻浦(マポ)駅に着いて、チュムロッ(カルビ)横丁をガイドブックを見ながら確認していると、30代前後のビジネススーツをコートに包んだ素敵な女性がたどたどしい日本語で声をかけてきた。「どうかしましたかー」ガイドブックを見せ、チュムロッ横丁に行きたいというと今度は流暢な英語で一緒にそこまで行きましょうと言ってくれた。日本人の悪い癖で一瞬「客引きか?」と疑念が沸いてしまう。でも、歩きながら彼女が去年沖縄に行ってとても良いところだったとジェスチャーを混ぜ楽しく話してくれた。それで、声をかけてくれたようだった。感謝感謝(^-^)チュムロッ横丁に着くと今度は「More 美味しい」お店があるよと言って、またまたそのお店まで連れて行ってくれると言うではないか!一緒に歩いて、お店の前に行くとその親切なお姉さんは「Hear」と言って立ち去っていった。心から「カムサハムニダー」と2人で言って笑顔で別れた。地元の人が推薦してくれたお店に期待も高まる。
k010.jpg

お店に入ると、笑顔のまったく無い体格の良い太った親父が迎えてくれた(^^;;一瞬びびるが、彼女が「OK?」と聞くと即座に「OK!!」と帰ってきた。関西のおばちゃんのような人が案内してくれて席に着く。メニューを持ってきてくれて「トンドンジュ」(民族酒)あるかい?と聞くと明らかに無いと言う。「真露(ジンロ)」ならあると言うが取り敢えずビールを頼み、何を頼むか考えていると「これとこれ」と指を指しながら薦めてくれる。良く見ると「センカルビ(生カルビ)300g」(30,000W/3,600円くらい)と「ヤンニョンカルビ(味付けカルビ)300g」(30,000W/3,600円くらい)を1づつ頼めと言っているようだ。元気良く「OK~!」と言うとやっぱり笑顔で「OK~!!」と帰ってきた。すると、これまた味わいのあるおやじが炭を持って登場。ニヒルな横顔を覗かせながら職人らしく炭をセットしてくれた。再びおかん登場~!なんとまぁ凄い量のサンチュやらキムチやら様々のお漬物が出てきたぞ~!!そして300gの骨付きセンカルビ様も登場~!大迫力ー!!
k008.jpg k009.jpg

肉の面倒はおばちゃんが見てくれるのでこっちはビール片手にキムチをパクパク。食が進むこと!焼きあがるとおばちゃんがハサミでチョキチョキ。食べやすい大きさに切ってくれます。まずは、お塩でパクパク。。。うまっ!!マシッソヨ~!!(^0^)v日本の焼肉とは全然違います。そして、おばちゃんお薦めのほんのり甘酢たれに刻んだキャベツとニラのようなものが入った物につけ挟んで食べるとこれまたぜっぴ~~~ん!!思わず大気圏を脱出し直ぐにやばいと気づき慌てて再突入しお店に戻ってきた(^^;;この食べ方は韓国では当たり前なのかな?このたれとキャベツとニラとセンカルビの組み合わせは最強です!!超お薦めの一品!!!これなら野菜も美味しくいっぱい取れまね(^-^)
k017.jpg k018.jpg

そして、これもまた300gの骨付きヤンニョンカルビ様登場~!これも日本では味わえない甘辛の独特の味付け。こっちはサンチュに特製みそをつけて薬味もたっぷり入れて豪快にムシャムシャ。。。アンニョンハセヨ~!!今度は月にぶつかり戻ってきた(^^;;;いつの間にか追加した真露に合う事!その後もムシャムシャ頬張り超満腹!やっぱり一人300gの肉とたっぷりの野菜は手ごわかった。本当は締めに冷麺」(500W/600円くらい)を食べたかったのだが、一口スープを啜るのがやっとの状態だったので今回は残念ながら断念する事にした。大満足でおばちゃんに「チャル モゴッソヨー(ごちそうさま)」と言い笑顔で別れ会計をすることにした。

またまた大満腹の大満足!で、それは良いんだが彼女と僕と合わせても支払いがギリギリだった(^^;;何とか地下鉄代はあると言うので地下鉄で帰ることにした。駅から降りて心地よいほろ酔いで夜の町を歩いていたせいかいつの間にか見慣れない風景に(^^;;どうやら直進するところを間違ってカニ歩きしてしまったようだ。満腹だから少しぐらい遠回りしてもちょうどいいもんね~などと呑気に言いつつ、屋台の準備をしているおじさんに一応道を聞いてみた。したらばゼスチャーで何を言っているのか全部わかった(^0^)v「わしゃー、老眼じゃけん夜なんか特に全然見えんのよ!」と言っていた。ほぼ100%合っていると思う(^^;;「カムサハムニダ」と一応お礼を言ってしばらく歩いて、川沿いの道をのんびりホテルまで歩いた。

気に入ったらクリックお願いします
a_02.gif
Copyright © 2004 Powered By FC2. さくちゃんの北海道幸せな日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。